×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

/* 12/2 秩父・甲府方面ツーリング */

「君も相当のバイク馬鹿だね」

その一言からこのツーリングは始まった・・・

か、どうかはさておき。

今回は仕事場の先輩方とツーリングに誘ってもらったので行ってきました。
が、先輩方も相当バイクに乗って走りまわっているため関東圏の有名所は押さえており
ルート決定は若干時間がかかりましたが、以下のように走ってきました。

八王子に集合〜北上して411号〜7号〜31号〜28号〜53号〜299号〜140号〜雁坂トンネル〜411号〜20号〜中央道勝沼

天気は問題なく、寒さも日が当たっていれば耐えられる程度でツーリング日和ではありました。

途中の道の駅「大滝温泉」でお昼を取ることにしました。

ここには三峯神社の節分祭で用いる「ごもっとも棒」をモチーフにした「ごもっともそば」 というものがあり
それを先輩と一緒に頼んでみました。

↑「ごもっとも棒」(1/10スケール、というのは嘘)

↑「ごもっともそば」

とっても「ごもっとも」です(笑)
まぁ男の「アレ」をモチーフにしているらしいです

「家内安全・夫婦和合・子宝・子孫繁栄はもとより、五穀豊穣・悪霊退散等々に霊験があると伝えられている」

その後初めての「雁坂トンネル」を抜けて「笛吹の湯」という温泉に寄ることにしました。
もっと中央道に近い所に「ほったらかし温泉」なる有名所があったのですが、

先輩「ほったらかしには行ったことがあるし、こっちはない」

ということで、こちらに決定。

内湯が2つと外に小さな露天風呂が1つあり、お湯はぬるめで単純温泉でした
ゆっくり浸かったので体がぽっかぽかになりました、がやはり外は寒い(笑)

↑の画像を撮影したのは中央高速の勝沼ICに入って先輩方に「タンクバックをちゃんと付けてから追いかけます」と
整理整頓が終わった所だったんですが、背後から「ガシャン」と何かが倒れる音がしたので振り返ると
1人のライダーが発券機の所で立ちこけしてました。

起こせるのであれば問題ないと思っていましたが、どうやら女性ライダーで起こせない模様
とりあえず起こすのを手伝って高速内に入りました。

が、スターターが付かない事態に。
他の電気系統は生きているのにスターターだけが付かないのでエンジン始動が出来ない。

とりあえず250ccだったので押しがけをしたらかかってくれました。
恐らく転倒時にサイドスタンドのセーフティーが効きっぱなしになると想定

エンジン切らないように気をつけて帰ってくださいねと言っていると
他のメンバーが追いついてきた模様(ヨカッタよ、変にアプローチかけないでw)

事態を説明して先に出発してもらいました。
そして自分も出発、談合坂SAで先輩と合流して状況と説明していると
先ほどの方々とも一緒になり、とりあえず応急対処が可能ということで一安心。

「これお礼と言っては何ですが〜」とフランクドックをこちらの人数分(3本)頂きました。
ありがたく頂戴いたしましたが、昼に食べたのもフランクフルト。

奇妙な偶然(笑)

で、先輩の一言

「俺も他のライダーを助けるようなシチュエーションに遭遇してみて〜」

先輩、それはそれで大変です。
本当にどうにもならなかったら失礼ながら置いて行くしかないですし・・・(TAT)

そんなこんなのツーリングでした。

おまけ画像(パノラマ加工)

Return to <HOME> [*]